自立支援医療制度を使ったら医療費が激減。

10月12日に自立支援医療制度を申請し、先日申請後初めての通院日でした。
私の通っている病院は受給者証が届く前でも「控え」で適応してくれる病院なので使ってきました。

当然健康保険に入っているので今までも医療費は3割負担だったのですが
3割負担から1割負担になるとこんなに違うのかー!!!とびっくりしました。

負担割合は調べればすぐにわかりますし、当然と言えば当然のことなんですけど
「1割負担かぁ…でも診断書料取られるし役所行くの面倒だなー」
という考えで私は医師から勧められて2ヶ月ほど保留していました。
今回はっきりとした金額差を知り、なんでもっと早く申請しなかったのかと数ヶ月前の自分を殴りたい気持ちでいっぱいです。

制度を受けることができる条件が揃っているけど
めんどくさいと思って申請していない方はこの金額差を見てちょっと考えて見てください。

払う金額が2760円→810円に!

まず病院の診察代

点数とかは全く変わってないです。変わるのは負担割合の%だけ。
再診 73点(時間内の再診は72点で請求書の発行に+1点)
投薬 68点(処方箋を書く点数)
精神科専門療法 330点(30分以内の診察だと330点。30分以上だと400点になります)

まず3割負担の場合
再診、処方箋あり、30分以内の成人の診察で合計点数は471点になります。
1点=10円です
(73+68+330)×10×0.3(自己負担割合)=1350円
月2回ほどの通院なら、生活を気にせず払える良心的な価格ですね。
私もこの金額なので別に1割にしなくてもいいやぁ。と考えてました。

次に1割負担の場合
(73+68+330)×10×0.1(自己負担割合)=470円 
比べるまでもなく安い……!!

自立支援医療制度の申し込み用の診断書を書いてもらうのに3000円〜5000円ほどかかります。
病院の支払いだけで考えても3〜5回通院すれば元が取れますね……。

受領者証がなくても、薬局でも使えた!

薬局では受領者証がないと使えない。
というパターンがネット上で多いので、きっと私も無理だろうなと思っていました。
病院で控えを提出した後受付の方に「薬局にも見せてくださいねー」と言われたので出すだけだそう。と薬局でも提出し、なんと薬局でも1割負担を適用してもらえました!
[hukidashi name=”受付役” icon=”https://aika-notebook.com/wp-content/uploads/2017/11/fullsizeoutput_2c.jpeg” type=” left blue”]あー申請段階なんですね。
わかりました。記入した薬局はここで合ってますよね?[/say] とまず確認され、その後受付の奥で役所へ確認の電話をしていました。
薬局の記入は診断書が必要な病院と違って、自分で自由に書けますから確認するのは当然ですね。

確認作業が入ったからか、かなり順番を飛ばされ待ち時間は長くなりましたが……

3割負担だった時の薬代1410円340円に減!
(薬の量は定期的に変えてるので1410円の時の薬が多かったのもあります)

いつも合わせて3000円近くしていた医療費が合わせて1000円以内に収まりました。
これは私にはとっても大きな差です!
月に2回通院しているので月の医療費は5520円1620円に!(およその算出)
ここにリワークの金額も来月から加わってくるので、医療費は5000円以上になりますが上限月1万円という安心感がありますし、申請してよかったなぁ!という気持ちでいっぱいです。

役所へ申請に行く手間と診断書のお金が掛かる難点がありますが、得られる差は大きかったです。

この差額を貯めて欲しい本とか買おうかなぁ……と考えてます。

病院の受付の人は普通だったけど、薬局の薬剤師さんの応対がちょっととげとげしかった気はしました……。
いや私が気にしいなだけだと思いますけどね……

あいか

その他固定費(スマホ代)の大幅削減!

スマーフォンを使われている方は今とても多いのではないでしょうか?
元気に働いているときは気にならない金額でも、休職してお金が少ないと毎月「8000円〜9000円」携帯電話代として引き落としされるのがかなり負担に感じています。

基本的に家にいるからそもそもスマホの回線全然使わないし勿体無いなぁ…

あいか

格安SIMなら、月々8000円から1600円くらいに携帯電話代を抑えることができます。
速度の安定感は大手会社(ドコモ・auなど)と比べると落ちます。

お昼休みはかなり通信速度が遅くなるそうです。

がそれ以外の時間帯は概ね良好、で価格を考えるとかなり満足している。という声がとても多いので
私も格安SIMへ変更することにしました!
検討するにあたって、私がいいなぁと思った4社をそれぞれ比べています。
公式サイトでは比較しにくい追加GBの料金も比べていますので、ぜひ見てみてください♪

シェリ

お金を少しでも浮かしたいな。
と思っているなら格安SIMへの移行も考えてもいいかもね!
格安SIM4社を比較。mineo・LINEモバイル・iijmio・UQモバイルの細かい違いとおすすめ

コメントを残す